スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【17mm】Anima Style Rebuildable Dripping Atomizer


はい皆様こんばんわ、最近ほんと暑くなりましたねえ

最近はリキッド、特にHiLIQばっかり書いてましたので今回は目先を変えて
アトマイザー、しかも17mm口径という妙なアトマを買いましたのでいつも通り
ざっくり書いてみたいと思います。

なお今回紹介するアトマはクローン品です。
クローンが嫌いとか不快な方はこれ以上読まれない事をおすすめします
(読んで記事が不快だとかいう意見は聞きませんのでー)

さて
Anima Styleを買った理由としてはAuraMiniのコイル巻き直すのが
超面倒だなあ、というかショートしすぎやろとw
(理由は判明してますがw)

なので17mmサイズのアトマというと最初に浮かぶのがHobbitなわけですが
買おうと思ったタイミングが悪く、どこにも在庫が残っていない状況でした

しょうがないので探した所、
Anima Styleが見つかりましたので
ダメ元で買ってみたとw
Honeyview_P_20160731_212806.jpg
Honeyview_P_20160731_205049_LL.jpg
ドリチ付いてませんし結構汚れてますが、現在の外観写真です。
上はAuraで運用してる状態ですね、短めでいいんですがよく落とす

Honeyview_P_20160731_205400_LL.jpg
さてこやつ、17mmだけにデッキが超狭いです。
通常はポジティブとネガティブの間に縦にコイルを置くようです。

Honeyview_P_20160731_205535_LL.jpg
大体こんな感じでピンとピンの間に縦置きでビルドするらしいんですよこれ。
まあ最初は動画の通りに試してみたんですが、これがまあ速攻コゲるw

コイル経調節してもコットン工夫してもすーぐ焦げちゃう
正直やってて失敗作ばっかり積み上がっちゃいました

別に俺は17mmでデュアル組みたいわけじゃねえんだw
そう思って片側のピンのネジを短いのに変えてみようとか思って

ふと、普通に巻いちゃアカンのかなあ?
Honeyview_P_20160731_211355_LL.jpg
Honeyview_P_20160731_211446_LL.jpg
で、巻いてみたのがこれですw
カンタルA1 28G 3ミリ等間隔シングル 1.2Ωでざっくり巻いておりますw

これの前が26G 0.9Ωだったので、正直そのぐらいの方が向いてる気はしますが
結構コゲやすかったもので、多少調整してみた感じです。

Honeyview_P_20160731_212122_LL.jpg
Honeyview_P_20160731_212203_LL.jpg
これに無印のコットンをふんわり載せてみたのが上記の写真です。

意外とちゃんと供給しまして、ドロッパーボトルと一緒に使ってますが
普通に使えるようになりました、素人は無茶するから怖いですねーw

Honeyview_P_20160731_212341_LL.jpg
このアトマ、エアの供給がかなり悪いのでリキッドは選びますが
現在はAuraのバッテリーでメンソール専用機みたいになってます。

上記の巻き方は少なくとも推奨はされてないんでしょうけども
ざっくり手軽に使うんならお作法は関係ないんだなーと理解しました。
(動画のように巻けない自分が悪いんじゃね?というのは考えない方向で)

という変化球な感じ(コイルの置き方としては正統派w)の使用法で
日々使われているアトマのお話でした。

そろそろ他のRDAやらの記事も書かないとねえ・・・。
古い記事の整理もしたいし、大変だわーいw

ではまた次回~(^O^)ノ=3 プハー


面白かったらぽちってあげてね!
にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ

にほんブログ村
スポンサーサイト

| 禁煙から始めるよもやまブログホーム | 古い記事

コメント

もうHobbitは生産中止ですよ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

▲TOPへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。